Skip to content Skip to footer

Agave Macroacantha

¥150,000

  • 学名 : Agave Macroacantha の輸入種子、5粒です。
  • 葉には黒い棘があり、巾広肉厚の緑色のタイプと、粉白色を帯びた青緑色のタイプがあります。
  • 15年以上が経った頃、長い花茎を伸ばして緑色がかった花を咲かせます
  • アガベの一部の種はワシントン条約付属書Ⅰ又はⅡに属していて、貴重な種類の植物と言えます。
  • 種子の性質上、発芽率は分かりかねますので、予めご了承願います。

ASK

カテゴリー: , , タグ: , , , Product ID: 253

説明

アガベは北アメリカ南部から中央アメリカ、西インド諸島、南アメリカ北部に221種が自生しています。乾燥地に生育しているため、葉は放射状につき(ロゼット)、多肉質で、多くは葉縁に鋭いとげがあります。観葉植物、多肉植物として栽培されますが、耐寒性のある種類も多く、関東地方以西では庭植えにして楽しめるものもあります。多くは何年もかけて花をつける準備をし、ロゼットの中央から茎を伸ばして花を咲かせますが、開花すると株は枯れます。

メキシコ東部原産のアガベ・アッテヌアタ(Agave attenuata)はハツミドリ(初緑)と呼ばれて古くから栽培されてきました。また、最も一般的なアガベは、メキシコ原産のアオノリュウゼツラン(A. americana)で、寒さに強く、暖地では戸外で存在感のある巨大な株に育ちます。いずれもさまざまなパターンの斑入り品種が利用されています。
以前はマンフレダ(Manfreda)属に分類されていた仲間は、葉の先端や縁にとげがなく、ほかのアガベほど多肉質ではありません。その一種アガベ・マクロサ(A. maculosa)はテキサス南部原産で、灰緑色地に赤紫色の斑点が大きく入ります。

追加情報

Size

Large, Medium, Small

Color

Dark, Grey, Red

レビュー

レビューはまだありません。

“Agave Macroacantha” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Newsletter Sign Up